メインイメージ

高齢で一戸建てを建てるなら

高齢になって厚木で一戸建てを建てるならエレベーターを

これから厚木で一戸建てを建てようと考えているのであれば、将来的な事も見据えて建てるようにしなくてはなりません。現段階でまだまだ若い30代なのであれば、自分が高齢になる将来の事は想像しにくいものです。

しかしもう60代くらいになっているのであれば、高齢になってきていますので、今後どのように自分の体が変化していくかというのを考えるようにしておかなくてはなりません。

まず考えなくてはならないのが、高齢化による体の衰えです。これから自分がさらに高齢になった時に、一戸建ての家の階段の上り下りが容易にできるものなのでしょうか。

もしかすると、手すりなどを使いながらやっとの思いで二階に上がるようになるかもしれません。万が一階段を踏み外して落下してしまうようなことにでもなれば、とても危険です。そうなってくると、洗濯物を抱えながらの上り下りとなると、さらに危険を伴うようになってしまうことでしょう。ですのでそんな危険をおかさないようにするためにも、二階部分のない平屋などを考えてもいいのかもしれません。

しかし平屋を建てるためには、広い土地が必要になりますが、厚木で一戸建てを建てるうえで広い土地を確保できない可能性があります。厚木で広い土地が確保できないのであれば、どうしても二階建てや三階建てを建てるようになるでしょう。三階建てともなると、さらに階段の上り下りが大変になるのは目に見えています。

ですので広い土地が確保できないのであれば、一戸建てはあきらめるしかないのでしょうか。それならば三階建てなどを建てる場合には、家の中にエレベーターを設置することを考えてみてもいいでしょう。エレベーターがあるのであれば、階段の上り下りをする必要がありませんので、危険を伴う事もありません。高齢になってからも家の中を自由に行き来することが出来るようになるのです。

ですので将来の事を考えるのであれば、家の中にエレベーターを設置することを考えてみてもいいでしょう。せっかく一戸建てを建てても、二階や三階部分を使わないのであれば、意味がありませんしもったいないというものです。将来的に二階部分が物置のようになったとしても、その物置に荷物を取りに行けないという事ではいけません。せっかくの一戸建てを無駄なく使うようにする為にも、高齢になって足腰が弱くなってしまった時のことも考えて、エレベーターを設置するようにしておくといいでしょう。”

サイトマップ
コンテンツ