メインイメージ

厚木の一戸建てを買うこと

厚木の一戸建てを買うことについて

厚木での一戸建てを買う際には、土地や建物などを買うことばかりに気をとられて、買う後の生活のことを考えていないままに行動するケースがあります。当然ですがそうした際には、一戸建て住宅を新築したけれどもその分その一戸建てでの生活が苦しくなったなどの問題が出る場合があります。

生活費のみならず税金の問題もあります。登記などをするための費用も司法書士などに依頼するのが通例ですから、依頼料もかかりますし手続き費用などを考えれば、10万円から15万円程度は最低でも考えておく必要があります。

さらに厚木での一戸建ての購入に限りませんが、税金の問題もあります。毎年1月1日の所有者に1年間分が課税される固定資産税については、土地も建物もそれぞれ課税されますし、新築一戸建ての場合にはまだまだその固定資産の評価額は高いので、必然的に課税される固定資産税も高くなります。また、その固定資産の評価額を利用して課税される神奈川県からの不動産取得税についても固定資産評価額が元に計算されますので、ことらは軽減の制度があるにしても申請が必要ですし、また条件を満たしていなければ、減額自体が受けられずに土地も建物も相応の税金を負担しなければならなくなります。

こうした税金のうち固定資産税はある程度納税通知書を送ってくる時期は決まっていますので、その時期に合わせて資金計画を立てておけば問題はありませんが、不動産取得税はかなりアバウトのようなので、その税金の通知が来る時期がはっきりと分からない場合も多くあります。突然納税通知書が送られてきて、しかも納期限が月末であるとか、資金計画をあらかじめ立てておかないと納税が厳しい場合もあり得ますので、特に注意が必要です。

厚木のように人口が多い地域の固定資産評価額は地域にもよりますが高めになりやすいので、この数字が高ければそれに比例して税額も高くなることになります。税金は滞納すればその滞納したことに対するペナルティである延滞金の計算もかなり高額になります。納期内に納税できるように資金計画を立てて、納税通知書が来ても払えるように資金は残しておく必要があります。

夢のマイホーム一戸建てを建築することにばかり気が向いていて、できるだけローン返済を少なくしたいという思いから頭金に貯蓄を振り向ける場合も多くありますが、その後の生活資金や税金対応に使えるような資金計画を立てておくことが必要です。”

サイトマップ
コンテンツ