メインイメージ

エクステリアを考える

厚木の一戸建てのエクステリアを考える

厚木で一戸建て住宅を新築したら、仕上は外回りのエクステリア工事になります。住宅の外観とのバランスを考えて、デザインや材質などを選ばなくてはなりません。

一戸建て住宅とのバランスが悪いと、住宅もエクステリアもちぐはぐになり違和感を感じます。この住宅にはどの様な物がよいか、住宅を含む敷地全体を考えて造園までもデザインする事です。
まさかその様な事はないと思いますが、洋風の一戸建て住宅に和風のエクステリアだったり、逆に和風の一戸建て住宅に洋風の感じで施工したりしては全体が台無しになってしまいます。

厚木の一戸建て住宅の場合は、まず玄関へのアプローチの位置を決めましょう。道路との高低差がある場合は、出来るだけ階段は避けてバリアフリーのスロープを設けるようにしましょう。若い時は良いですが、人は必ず年を取る事を忘れないで下さい。また真っ直ぐに門扉から玄関にアプローチをしないで少し迂回させて、玄関前などに樹木を植えると、玄関ドアを開けた場合に道路から住宅の内部が丸見えになる事がないので安心です。

次にカーポートの位置ですが、言うまでもなく左右の見通しの良い位置に設けましょう。敷地が角地の場合は出来るだけ交差点よりはなれた場所が良いです。交差点は両方向からの車や人に注意する必要があるから危険度が増します。敷地に余裕のある場合は左右にゆとりを持ち、車の出し入れをしやすくすると余裕を持って車庫入れが出来ます。

左右の見通しの良い場所に高い樹木は植えないで、車からの目線より低い潅木や草花を植えるようにしましょう。厚木の一戸建て住宅のエクステリアは、材質も考えて施工することです。出来るだけフリーメンテナンスになるように考えましょう。門扉や塀またカーポートは錆がきたり腐れたりしない、アルミ製やステンレス製にすると良いでしょう。

門扉は重たいものを付けると、年月が経つと自重で歪が出たりして使い勝手が悪くなるので慎重に選ぶ事です。塀の支柱の足元はコンクリートブロックにしたりモルタルなどで囲ってやり、直接土に接したり雨水がたまらないようにすると、錆びたり腐ったりする事がないので長持ちします。

造園の樹木は一戸建て住宅の内部が丸見えにならないように配置をし、花の咲くようなものを植えると近隣の人や通行人にも良い印象を与えるでしょう。隣地側の境界には落葉樹などは避けないと、季節ごとに隣地に落葉して迷惑をかけることになります。厚木の一戸建は素敵なエクステリアで、近隣や通行人に好感を与える工夫をしましょう。”

サイトマップ
コンテンツ